開示優先度分析

開示優先度分析

開示優先度分析は、GRI G4 / ISO26000 / IIRC等の国際ガイドラインや、FTSE4Good / Dow Jones Sustainability Indices / CDP等のSRI評価、その他、御社のマテリアリティや事業リスクを統合的に勘案し、優先的・戦略的に開示すべき情報を分析する調査サービスです。

  • 多様な指標を分析

    • 国際ガイドラインの
      開示要請項目
    • SRI評価機関の
      開示要請項目
    • 御社の
      マテリアリティ
    • ステークホルダー
      への影響
    • 事業リスク経営
      への影響
    1. 経営戦略
      Corporate Strategy
    2. ガバナンス
      Corporate Governance
    3. 経済パフォーマンス
      Economic Performance
    4. 労働
      Labor
    5. 製品・サービス責任
      Product / Service Responsibility
    6. サプライチェーン
      Supply Chain
    7. 環境
      Environment
    8. 社会的活動
      Social Activities
  • 統合分析
  • 開示優先度の特定

    開示優先度の特定イメージ
  • 優先すべき
    開示項目の特定
  • 優先すべき開示項目の特定イメージ

20種類以上の国際ガイドライン・SRIに対応

分析範囲

  基本分析 包括分析
国際ガイドライン開示要請項目の分析 ■ 3種類 ■ 4種類〜
SRI評価機関の開示要請項目の分析 ■ 3種類 ■ 4種類〜
競合他社・ベンチマーク企業の開示情報の分析 ■ 3社 ■ 4社〜
マルチ・ステークホルダーへの影響分析
御社のマテリアリティや事業リスクの分析
この企画についてのお問い合わせはこちら
  • E-mail: info@dff.jp
  • Tel: 03-5652-5333
  • 当社コンサルタントが詳しいサービスの内容や料金、ご不明な点などにつきましてお答えいたします。